Instagram

エアーウェーブとは・・・

air wave


軽やかで、美しい。そして、みずみずしい―。エアウェーブは、どこまでもナチュラルな質感をめざし、毛髪の分子レベルから見直し開発されました。毛髪の「温度と水分量」のバランスを、air waveが空気の力を活用してコントロールし、クリープとガラス化(コルテックスの移動と固定)へと導きます。辿り着いたひとつの答え―くり返しかけられる、
やわらかな仕上がり。ここからまた、エアウェーブの可能性が広がります。

クリープとガラス化のために、空気の力で毛髪の『温度と水分量』をコントロール。

毛髪は、水分量や温度によって、 硬質なガラス状態とやわらかいゴム状態に変化する特性を持つCMCや コルテックス、キューティクルなどの高分子から構成されています。 その高分子の特性と、クリープとガラス化(コルテックスの移動と固定) という状態変化に着目し、パーマプロセスに高度に応用したエアウェーブ。 まるでコルテックスひとつひとつをスムーズに移動させるように、 ストレスの少ない位置で固定させた美しいウェーブ。 そんな理想をめざし、このプロセスは生まれました。

空気をコントロールし、均一なクリープとガラス化を。

汽水分離装置で吸い込んだ空気から水分を分離し、空気を効率よく循環させる「循環式バキューム機構」を採用し、高品質のクリープとガラス化をめざしました。 さらに、ガラス化の際にはあらゆる方向から風が入るよう緻密に設計した36個のパンチング孔を施した「専用ロッド」との相乗効果によって、均一なガラス化を効率よく促します。


MEEK予約

空気で仕上げるとは?

心地良い、質感。
CMC※を固定(ガラス化)する際、キューティクルの歪みが
少なくきれいに整うので、トリートメントしたような手触りに。
また、ウェット時とドライ時のカールの差が小さいので、
狙い通りのスタイルに導きます。
※CMC=cell membrane complex(細胞膜複合体)
※結果には個人差があります。
しっかりした、リッジ。
フード内を55℃以下の温風で満たし、おだやかに髪に働きかけ、
ふんわりとしながら、しっかりとしたリッジを導くエアウェーブ。
パーマがかかりにくい軟毛や、年齢を重ねた髪も根元から
しっかり立ち上がり、ボリューム感がアップします。

美しさは、つづく。
ナチュラルな状態でしっかりガラス化するエアウェーブは、いわゆる“パーマの持ち”

が向上。外国人風のゆるいカールでも、いままでと比較し約1.5倍、およそ3ヶ月近く

長持ちするという調査結果も出ています。


MEEKから新しいメニューのご紹介です。

特徴としては、通常のパーマよりもダメージを抑えることができ、仕上がり、再現性、パーマの持ちもよく
ふんわりとしながらもツヤのあるしっかりとしたウェーブへと導きます。
根元のボリューム感が欲しい方やスタイリングが苦手な方におすすめです。
通常:¥15,000(カット、ケア込)
施術時間;およそ3時間
MEEK予約